Bar de Tomoko ―レストランとは、「教育の場」である―

料飲サービス指導 & 難関中学受験指導 「二刀流」の大竹智子が主宰する『桜梅塾』のブログです

桜梅塾「夏のキャンペーン」第二弾スタート ~中学受験は「私の受験、僕の受験」。~

皆様、こんにちは。


 学校は夏休みに入り、「『自分で使える時間』が長く取れるシーズン」が始まりました。

 受験生にとっては、
「最大のチャンス到来」。

 とはいえ、「今、中学受験に向かっている6年生全員」が「アクセルを踏み込む」べき季節ではないと、私は考えます。
 状況によっては「ブレーキ」を踏んで留まることも必要であり、それも立派な勇気です。

 そして、私が考える「見極めのライン」は、

この中学受験は、他の誰のものでもない、自分で決めて頑張る『私(僕)の受験』」と

6年生のお子様自分の意志覚悟を決められているかどうか、です。

 もし、6年生の夏になっても
お子様との対話のなかで、

「自分のために、中学受験を目指して頑張る」といった言葉が
お子様自身から出てこないのであれば、

勇気を出してブレーキを踏み、中学受験をしないという選択をすることも大切です。

 なぜなら、
「自分の受験と思えない」ということは
「今は『その時期』ではない」ということを意味する
からです。

 子どもは一人ひとり、「成長するスピード」が違います。
 それは「個性」であり「持ち味」であって、大人の力で潰すことが許されるものではないと、私は考えています。


 「その時期」ではないときに、強制的に無理矢理、受験勉強をさせたら、どうなるか。

 その子が「勉強嫌い」になることは必至でしょう。

 さらには、
中学・高校でも勉強は「嫌々」やり、大学生になっても勉強を遠ざけようとして、

社会人になっても他人からお尻を叩かれながら渋々仕事をするようになる可能性が高まります。

 そうなろうものなら、「無理な中学受験によって背負うダメージ」は、一生ものです。

 創造する楽しさとは、無縁の人生を送ることになってしまうのですから。



 だからこそ、中学受験を「自分の受験」と思えることは、極めて重要だと私は常々思っています
 今。すごくカッコいい理由でなくていいので、でも、はっきりした自分の思いで中学受験を目指している6年生

 一方で、そのような「自分の意志」を確かに持っている6年生は、
本格的な夏が始まったばかりの今はまだ、成績面では苦しくとも、
ここで踏ん張って入試に照準を合わせていくことが可能です。

 なぜなら、「志」があれば
真剣に、必死に勉強に取り組むことができるし、
「勉強の仕方」を上手くしようと工夫を重ねることもできるから。


 そんな「志」ある6年生を、桜梅塾は全力でサポートします❗💖


 「夏のキャンペーン」第二弾として、
現在、Googleでもご案内中!
 ↓
〔桜梅塾 6年生の国語講座〕
※詳細はリンク先のページにてご覧ください。

★挑戦! 中学受験に通じる「国語の文章題」(初回お試しマンツーマン)
https://www.street-academy.com/myclass/33185

★中学受験の国語 ~6年生 4回コース~ 「文学的文章」
https://www.street-academy.com/myclass/51871

★6年生の「中学受験国語」 文章題は「読み」で決まる(単発1対1)https://www.street-academy.com/myclass/35433

3・4・5年生対象の講座へのお申し込みも随時受付中です。ご興味のある方は、まず上記の「初回お試しマンツーマン」のページをご覧ください。


 中学受験は「全人教育」。
 中学受験は「私の受験、僕の受験」。


 桜梅塾では、中学受験生を一人の「人」として尊重し、
勉強、学業への取り組み方を向上させるところから、
地に足のついた成績上昇、入試での合格を目指してまいります💪

 
 講座ページに掲載中の日程以外の日時にも、開講可能な場合がございます。ご質問・お問い合わせもお気軽にお寄せくださいませ。
 ストアカサイト内のメッセージ機能もご利用いただけるほか、以下のフォームからもメッセージを送信していただけます📨
 ↓
https://ws.formzu.net/fgen/S44369859/

 ご覧いただきまして、ありがとうございました!