Bar de Tomoko ―レストランとは、「教育の場」である―

料飲サービス指導 & 難関中学受験指導 「二刀流」の大竹智子が主宰する『桜梅塾』のブログです

「大手進学塾に通っているから安心」のはずが「国語の地力がついている実感が湧かない」という思いを抱いたことのあるお子様・保護者様へ

皆様、こんにちは。

 この度、私が主宰する中学受験の『桜梅塾(おううめじゅく)』のメイン受付窓口を設けている「ストアカ(ストリートアカデミー)」サイト内で、講座ページの一部を大幅にリニューアルいたしました。
 今回リニューアルしたのは、
「挑戦! 中学受験に通じる『国語の文章題』(初回お試しマンツーマン)」講座のご案内の欄
です。
 新たに掲載した文章は、桜梅塾が2年目に入って少しずつ成長している今、実直に中学受験に挑んでいるお子様と保護者様に、広くお伝えしたいメッセージです。
 以下にも、その文章を掲載いたします。
 中学受験にご興味のある方は、ぜひご一読くださいませ。

 ↓ ↓

【「大手進学塾に通っているから安心」のはずが「国語の地力がついている実感が湧かない」という思いを抱いたことのあるお子様・保護者様へ】

 感性で「文学する」ことと、論理的に「受験国語する」ことは、異なります。

 * * *

 小学校の国語の時間では「文章を自分なりに味わい、自分なりに感じたことをまとめる」という学習が主体です。
 私はこれを「文学する」と呼んでいますが、学校という生活共同体のなかで、言葉を学び、日本語の文章に触れ、日本人の考え方を知っていくことは、人としての成長過程において、とても大切です。

 しかし、中学受験を志すとなると、「もうひとつの」国語学習が必要になります。
 私が申すところの「受験国語する」という学習です。

 私はこれまでの人生経験から、社会人として使える「国語力」には、この「文学する」力と「受験国語する」力の両輪が必要だと感じています。
 だからこそ、学校生活と受験勉強はどちらも一生懸命に取り組むに値すると考えています。
 中学受験をするから、学校生活は二の次、という受験生活は決してお勧めできません。



 「受験国語する」なかで最も重要であり軸となることは、「客観的に文章の流れを把握し、論理的に分析して理解する」ことです。
 これは、各個人の独自の感性を尊重し、「文学する」こととは、明らかに趣を異にします。

 そして、緻密な文脈を的確に、限られた時間内に読み取るためには、文章を読む際に「ツール」を用いたテクニックを使いこなすのが有効です。

 「テクニック」というと、入試の裏技のようなものを連想される方も時々いらっしゃるのですが、私が申すところのテクニックというのは、もっと有機的なものであり、文字通りの正攻法の「技」です。
 難しい試験問題に正面から向き合い、得点に結び付く答えを導き出すには、理論に基づいた適切な「方法」を取らなければなりません。
 つまり、このテクニックを「使いこなす」ためには論理的な思考力という「地力」が必要なのです。

 難関、さらには最難関と評される中学校の問題であれば、小手先だけの「テクニックもどき」などで解けるような無機的な問題は出題されません。
 これらの学校は、存分に論理的な思考力を機動させなければ歯が立たない「良問」を受験生に投げかけてきます。

 なぜなら、そのような学校は、これからの日本をリードしていける「創造力」のある生徒を求めているからです。



 では、「中学受験のための進学塾に通えば、どこへ行っても同じように、その『有機的なテクニック』を教えてもらえるのか?」と問われれば、

残念ながら、イエスとは言えません。

 私自身も以前は大手進学塾に勤めていましたが、中学受験のための勉強であるにも関わらず、「文学する」ことが中心の授業を行う講師、ひいては塾が、世の中には多く存在します。
 すなわち、「国語」の入試問題を攻略するための「テクニック」を明確にすることの優位性は、意外と認知されていないのです。
 算数の問題の解法については、どの塾でも授業で時間を割き、熱心に解説するにも関わらず、です。

 今、中学受験を目指しているお子様の国語のノートに、「いつどんな問題に出会っても使える、汎用性の高い、筋道立った『問題の解き方』」は書かれていますか?
 目の前に出てきた文章の内容を追いかけるだけで完結してしまってはいませんか?



 国語1教科だけが「なんとなく」であっても、中学入試に合格する可能性はゼロではありません。
 とはいえ、すべての教科の基本であり、思考力を鍛えるための絶好の教科に対して、どのように「受験国語し」たのかは、中学生、大学生、さらには社会人になってからも、永くその人の中に影を落とします。

 ゆえに、この「テクニック」と結び付いた「論理的思考力」は「一生もの」なのです。

 私はその「貴さ」を、中学受験を乗り越えた先の、桜蔭での6年間で噛みしめました。
 この「思考力」は、どんなに苦しいとき、辛いときであっても「豊かな心」で生きていくために、私の中での礎となっています。
 それは、中学受験を経験して進学したことによって私が得たもののなかでも、かけがえのないものの一つです。



 中学受験に挑むお子様たちに、「生きる力」を育む受験国語をお教えしたい。
 それが、この講座に込められた私の志です。

 「なんとなく」ではなく「ツール」を使い、理論に基づいた「論理的な取り組み方」による受験国語。
 一度、体験なさってみませんか?

 ↑ ↑

 上記のメッセージが掲載されている講座のページをご覧になるには、
以下のURLをクリックしてください。
 ↓
https://www.street-academy.com/myclass/33185

 もし、桜梅塾の講座にご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ❗
 ストアカサイト内のメッセージ機能もご利用いただけるほか、以下のフォームからも送信していただけます。
 ↓
https://ws.formzu.net/fgen/S44369859/