Bar de Tomoko ―レストランとは、「教育の場」である―

料飲サービス指導 & 難関中学受験指導 「二刀流」の大竹智子が主宰する『桜梅塾』のブログです

「これさえ、やっておけば」という呪い(前編)

 受験や学びについての記事も、今日から再開✨
 さっそく、今日の本題に入ります。



 まず、「私の結論」から申しますと、受験や学びにおいて「これさえ、やっておけば」という言葉が口をついて出るようになったら、受験生本人であれ、保護者の方であれ、「呪いにかかり始めている」と思います。

 なぜなら、受験に「これさえ、やっておけばよい」などというものは存在しないから、です。

 それは、「人生」においても全く同じだと思います。
 もちろん、瞬間的、局所的に「これさえ……!!」という場面は人生に多々あります。そういう場面では逆に、「これさえ」の「これ」を「見極めたり見抜いたりする能力」が自分の身を助けるのも、間違いないことです。
 しかし、「受験」や「人生」を大きな命題として捉えるとき、「これさえ、やっておけば」という考えに走り始めたら、それはまさしく
 「『終わり』の始まり」
だと思います。

 まず、「入試とは、『落とすため』の試験」ですから、受験生の実力の差がわかるように、原則として作問者は「満点が取れない」ように試験問題を作ります。とりわけ近年は、思考力すなわち「考える力」が重視されるようになってきていますから、そういう難問を目の前にして、考えに考え抜き、得点を伸ばす受験生を学校側は求めています。
 「その場で『考えて』、さらに『自分の言葉で』表現する」ことが求められているのに、「これさえ、やっておけば」が通用するわけなどないことは、火を見るよりも明らかです。

 しかし、「これさえ、やっておけば」という言葉を耳にすることは、少なくないのです。そして中学受験の場合、この言葉は受験生本人に増して、保護者の方から聞かれることが多いのです。

 〔後編につづく〕


 * * * * *


◆お知らせ◆

 私が主宰している『桜梅塾』の受講受付窓口の一つである「ストアカ(ストリートアカデミー)」経由で、8月20日(月)~26日(日)の一週間、夏期の「お試しマンツーマン授業」を行います❗
 (※この講座を初めて受講なさる生徒様が対象です。)

 日時は、7つの枠からお選びいただけます。

★今回の授業のWebページ↓
https://www.street-academy.com/myclass/33185?sessiondetailid=362945

★授業内容についてはもちろん、その他にもご質問やお聞きになりたいことがございましたら、上記のストアカWebページ内の「先生に質問する」のリンク先から、私にメッセージをお送りいただけます。

 ご興味のある方は、ぜひこの機会にお試しください💪